スーパー ジャンボ 立花 南k8 カジノこれはまさに夢の企画――巨大ロボが殴り合う「リアルロボットバトル」に密着してきた仮想通貨カジノパチンコパチンコ 沖縄 海 物語 4

スーパー ジャンボ 立花 南k8 カジノこれはまさに夢の企画――巨大ロボが殴り合う「リアルロボットバトル」に密着してきた仮想通貨カジノパチンコパチンコ 沖縄 海 物語 4

スーパー ジャンボ 立花 南k8 カジノこれはまさに夢の企画――巨大ロボが殴り合う「リアルロボットバトル」に密着してきた仮想通貨カジノパチンコパチンコ 沖縄 海 物語 4

猛獣 王 ゲームk8 カジノ エンジニア電子ブックレットこれはまさに夢の企画――巨大ロボが殴り合う「リアルロボットバトル」に密着してきた

秋津 駅 パチンコ アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。

 本日は、MONOist 組み込み開発フォーラムで掲載した特集記事「これはまさに夢の企画――巨大ロボが殴り合う『リアルロボットバトル』に密着してきた」をPDFファイルにまとめてお届けします。


これはまさに夢の企画――巨大ロボが殴り合う「リアルロボットバトル」に密着してきたアイコン

日本テレビ系列で2013年12月13日に放送された『ロボット日本一決定戦!リアルロボットバトル』の収録現場に密着。勝つか負けるかの真剣勝負に挑む、個性あふれる等身大リアルロボットたちの熱き戦いを“舞台裏”からリポートする。

電子ブックレットのダウンロードはこちら→これはまさに夢の企画――巨大ロボが殴り合う「リアルロボットバトル」に密着してきた

関連記事:⇒これはまさに夢の企画――巨大ロボが殴り合う「リアルロボットバトル」に密着してきた

ロボット開発の最前線ロボット/ロボット開発コーナーあらゆる技術の集大成といわれる「ロボット」をテーマに、産業、レスキュー、生活支援/介護分野などにおけるロボット開発の実情や、関連する要素技術、研究開発、ロボットコンテスト、ロボットビジネスの最新動向などをお届けする。

>>ロボット特集のTOPページはこちら

・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。・電子ブックレットは無償でのご提供となりますが、アイティメディアIDへの登録が必要となります。登録ユーザーではない場合や、登録済みのプロファイルに一部不足がある場合などは、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面へジャンプします。・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

「電子ブックレット(組み込み開発)」バックナンバー はやぶさ2はいかにして生まれ、旅立ち、帰還し、再び旅立ったのか(前編)東芝の「信頼できるAI」/パナソニックのAI倫理原則10m以上のワイヤレス給電/2022年後半は半導体不足は解消へリアルタイムOS列伝まとめ(第6回~10回)ラズパイでそのまま動くエッジAI/「MLOps」とは何かArmが不滅のGPUを投入/インテルのGPUはAI処理を効率化Windows 11時代に突入するIoT機器向けWindowsラダープログラムから呼び出せる組み込みAI/セーフィーのエッジAIカメラエリーパワーが不燃新型電池を量産へ/NVIDIAの新GPU「Hopper」判断した根拠を明示するAI/消費電力10mW以下のエッジAIマイコン新たな半導体国プロが始動/キヤノンの320万画素SPADセンサーリアルタイムOS列伝まとめ(第1回~5回)経験ゼロから始めるIoTデバイス入門東芝と理研のスケーラブルAI/「責任あるAI」4つのアプローチ世界初だらけの42インチ電子ペーパーデバイス/LiDARニュース3選スパコンのAI性能が10倍に/教師なし学習で高精度の画像分類AI半導体不足は2022年以降に状況改善/ソニーのイメージセンサーが反転攻勢ラズパイのセキュリテイ対策東芝のインダストリアルAI/オリンパスが大腸内視鏡AIソフトを拡充Armv9は「富岳」の技術で性能向上/インテルのIDM 2.0とはPFNのGreen500世界記録達成の理由/バウムクーヘン用AIオーブン村田製作所が全固体電池を量産へ/ソニー製STT-MRAMがSSDにいまさら聞けないCIP入門タニタの飲酒検査システム/マスク着用時でも顔認証率99.9%ルネサスは新型コロナでも受注好調/東芝がシステムLSIから撤退NVIDIAのAmpereアーキテクチャ/CPUだけでリアルタイム群集計測BluetoothはIoTの主役/「Cortex-A」を超える「Cortex-X」新・いまさら聞けないFPGA入門Armの組み込みAIが性能480倍に/人の曖昧な命令が分かるエッジAI「iPad Pro」のLiDARスキャナは低コスト?/ラズパイ4が値下げJetson Nanoで組み込みAIを試す東芝の脊髄反射型アナログAIチップ/インテルのAI全方位戦略ルネサスがArmマイコンで本気出す/ラズパイ4は爆熱!?ET&IoT Technology 2019レポートまとめ三菱電機の“動作切り分け”AI/ファーウェイの学習用AIチップアマゾンがLPWAを独自開発/ありふれた元素で熱電発電待ったなし!組み込み機器のWindows 10 IoT移行AWSの自律走行レーシングカー「DeepRacer」/Watsonがブラジャー選びをお手伝いRaspberry Pi 4とPi 3の基本仕様を比較/パナソニックがソフト開発体制強化へESEC2019&IoT/M2M展レポートまとめ「Raspberry Pi Zero」で推論も学習もできる組み込みAI/組み込みAIでスマート化の“死の谷”を克服PythonだけでIoTのPoCを組める/グラフェンで世界最高感度の赤外線センサーリテールテックJAPAN2019レポートPFNが深層学習プロセッサを開発した理由/三菱電機のAI技術は一味違うウエスタンデジタルのRISC-Vプロセッサ/「透ける電池」の使い道CEATEC JAPAN 2018レポートグーグルの深層学習プロセッサ「TPU」解説/NVIDIAの組み込みAI「AGX」とは続々サービス開始「LTE-M」とは/ルネサスがIPライセンス拡販へFPGAを着実に取り込むインテル/Armが考えるIoT3つの課題パナソニックのAI戦略とは/医療機器の最新AI活用事例関連キーワードロボット開発 | ロボット | 組み込み開発 | テレビ | 電子ブックレット(組み込み開発) | ものづくり仮想通貨カジノパチンコ無料 再 放送

ビット コイン と は 初心者k8 カジノインドが狙う太陽光発電、ゼロからコスト重視で立ち上げる仮想通貨カジノパチンコハム スキチケ

ビット コイン と は 初心者k8 カジノインドが狙う太陽光発電、ゼロからコスト重視で立ち上げる仮想通貨カジノパチンコハム スキチケ

ビット コイン と は 初心者k8 カジノインドが狙う太陽光発電、ゼロからコスト重視で立ち上げる仮想通貨カジノパチンコハム スキチケ

猛獣 王 ゲームk8 カジノ

北 四 番 丁 パチンコ インドはエネルギー問題で苦しんでいる。デリー首都圏では、1日に数回の停電が起こることもあり*1)、国内には無電化地域が多数残る。

*1)電源開発(Jパワー)によれば、2006年3月時点で8%の供給不足と12%のピーク電力不足が継続しているという。この数字には無電化地域は含まれていない。

 インドのエネルギー消費傾向は、前回紹介した中国と似ている。ただし、インドの1人当たりの1次エネルギー消費量は中国の3割にとどまっており、今後、経済発展に伴って状況がより悪化する方向にある。2009年時点のインドのGDP成長率は9.1%と高い。インド政府の第11次5カ年計画(2007~2012年)によれば、経済成長を達成するために、70GWの新規電源開発が必要だという。これを例えば原子力発電でまかなおうとすると、規模を16倍に増やさなければならない。

 インドの1次エネルギーバランス自体、生産量よりも消費量の方が大きい。2006年時点で生産量は3億3100万トン(石油換算)、消費量は4億800万トン。消費に占める固体燃料の比率は68%。液体燃料が23%だ。

 インドは石炭大国だ。固体燃料68%の大半を石炭が占める。石炭の埋蔵量、産出量とも2009年時点で世界第3位であるにもかかわらず石炭輸入国でもあり、輸入量は世界第4位である。石炭が不足しているということだ。石油に頼ることもできない。インドは産油国であり、自給率が2割弱あるにもかかわらず、原油輸入量では世界第4位だ。

火力発電は限界に来ている

 インドの発電量は世界第5位(8133億kWh、2007年)だ。83%が石炭火力を中心とする火力、15%が水力、2%が原子力だ。原子炉は20基あり、合計容量は4.4GWである。

 石炭火力の増設が難しい状況にあるため、残る選択肢は、現在、石油火力に次ぐ位置にある天然ガス(LNG)発電所の増設や、水力発電所の新規建設、原子力発電所の拡張、再生可能エネルギーの導入になる。

 天然ガスは既に火力発電の1割程度を担うが、ムンバイ(旧称:ボンベイ)沖などに資源が偏在しており輸入比率が高まっている。ウランの産出量は少ない。どちらも増設を計画しているが、長期的な調達・運用コストが上昇する傾向にあるため、大規模な導入に課題が残る。

毎年1%ずつ再生可能エネの比率を増やす

 そこで再生可能エネルギーに期待がかかる。

 全エネルギーに占める再生可能エネルギーの割合を定めた。2009年10月、インド首相を中心とする委員会National Action Plan on Climate Changeは、2010年までに再生可能エネルギーの比率を5%に高め、その後10年間、毎年1ポイントずつ比率を上げていくという目標を打ち出した。

 再生可能エネルギーに対するインドの投資額は2009年が32億米ドル、2010年が40億米ドルである。2010年の投資額は世界第10位に相当する。世界第1位の中国(544億米ドル)と比較すると1割弱程度の規模だが、インド政府の計画によれば今後の伸びが期待できる。

 インドの再生可能エネルギーの規模は、水力が大きく風力が続く。今後は風力と太陽エネルギーの比率が高まる見込みだ。

 インドの水力資源は膨大であり、2003年には「50000MW水力開発イニシアチブ」を発表している。これが実現できれば、2012年までに必要な70GWのうち、50GWを満たすことができる。ただし、地域的な偏りがあるため、水力だけでは不十分だ。具体的にはインド北部(ヒマラヤ山地)に偏在しており、全土での利用は難しい*2)。

*2)例えば、電力の大消費地であるムンバイとヒマラヤ山地との直線距離は1300kmある。これは青森-下関間の直線距離よりも長い。逆にヒマラヤ山地に近い地方は有利である。例えば、インド北東部アッサム地方に位置するメガラヤ州は水力発電により、2001年まで電力をほぼ自給していた。

 風力発電の累計導入量は2010年末時点で13.1GW。世界全体の7%を占め、中国、米国、ドイツ、スペインに次いで世界第5位*3)だ。導入の勢いが加速しており、2010年の導入量(2.1GW)は中国、米国に次いで、世界第3位に及ぶ(図1)。

*3)Global Wind Statistics 2010

ALT図1 2010年の風力発電導入量 インド(2.1GW)は、中国(16.5GW)、米国(5.1GW)に次いで、世界第3位にある。全世界の導入量は35.8GW。出典:Global Wind Statistics 2010

 インドは季節風であるモンスーンの支配下にあり、インド洋に面した東海岸が風力発電の好適地である。インド最大の風力発電の集積地であるタミル・ナードゥ州も東海岸に位置する。同州の風力発電量の割合は全国の4割以上に達しており、合計出力は6GWだ。

 インドの太陽光発電は芽が出たばかりの状態だ。それにもかかわらず独特の課題を抱えている。どのような課題だろうか。

太陽光発電はどうなっているのか仮想通貨カジノパチンコぶつぶつ 交換機