ダイナム 松任k8 カジノPFU、Atom&Xeon搭載の組み込み製品3モデルを発表仮想通貨カジノパチンコサッカー w 予選

ダイナム 松任k8 カジノPFU、Atom&Xeon搭載の組み込み製品3モデルを発表仮想通貨カジノパチンコサッカー w 予選

ダイナム 松任k8 カジノPFU、Atom&Xeon搭載の組み込み製品3モデルを発表仮想通貨カジノパチンコサッカー w 予選

パチンコ シンフォギア 実機k8 カジノ PFU、組み込み製品の新3モデルを発表

パチスロ 獣 王 攻略 PFUは2014年5月12日、インテルの最新プロセッサを搭載した組み込み製品3モデル「AM105 モデル230J」「AR2100 モデル100J」「AR8300 モデル320H」を発表した。同年6月に順次出荷を開始する。

 新製品3モデルは、低消費電力のインテルAtomプロセッサから高性能なXeonプロセッサに至る最新技術を搭載した製品で、半導体製造/試験装置、医療機器、工作機械、計測機器、デジタルサイネージ機器など、幅広い分野のニーズに応えるという。

画像1画像1 新製品3モデルとPFUの組み込み製品ラインアップCPUモジュール「AM105 モデル230J」

 AM105 モデル230Jは、「インテル Atom プロセッサー E3800ファミリー」を搭載したモジュール製品。95×95mmのCOM Express規格Compactサイズを採用し、従来製品と比較してフットプリントが4分の3となっている。低消費電力で高性能なCPUモジュールをコンパクトに実装したい場合に最適だという。

 またPICMG(PCI Industrial Computer Manufacturers Group)が策定した組み込み用途向けCPUモジュールの標準規格「COM Express」にも準拠。COM Expressの主流となっているType6に対応しており、工作機械や医療機器、ネットワーク機器、デジタルサイネージに至るまで、小型省電力が求められる分野で活用できるという。出荷開始は2014年9月を予定している。

画像2画像2 「AM105 モデル230J」ファンレス小型組み込みコンピュータ「AR2100 モデル100J」

 AR2100 モデル100Jは、「インテル Atom プロセッサー E3800ファミリー」を搭載した小型の組み込みコンピュータ。ちりや埃の多い場所など、厳しい環境下でも稼働するファンレスの機種となっている。筐体サイズは195×220×74mm。

 記憶媒体には、SSDとCFastをサポート。回転する部品を排除したゼロスピンドルを実現することで、装置の信頼性を向上している。またPCI Expressカードを1枚搭載可能なほか、LANやUSB、PS/2、シリアルポートなど、複数のI/Oインタフェースに対応している。なお今後、Wi-Fi機能やHDMIに対応したモデルも追加を予定しているという。出荷開始は2014年8月。

画像3画像3 「AR2100 モデル100J」ハイエンド組み込みコンピュータ「AR8300 モデル320H」

 AR8300 モデル320Hは、「インテル Xeon プロセッサー E5-2600v2」を搭載した組み込みコンピュータ。PFUの組み込み製品の中で最上位モデルに当たる製品だ。最大10コアのXeonプロセッサを2個搭載でき、複数スレッドを高速に同時実行するようなアプリケーションに最適だという。

 オプションでRAID 1、HDDのホットスワップもサポートしており、万一のHDD故障時にも継続した運用が可能となっている。また、縦置き、横置き、ラック搭載など、さまざまな設置形態に対応するのも特徴だ。出荷開始は2014年6月を予定している。

画像4画像4 「AR8300 モデル320H」


 なおPFUは、2014年5月14~16日に東京ビッグサイトにて開催される「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」のPFUブース(西11-4)とインテルブース(西9-1)において、今回発表した新モデルの展示を予定している。

第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)

会期2014年5月14日(水)~16日(金)時間10:00~18:00(10日(金)のみ17:00に終了)会場東京ビッグサイトブースNo.西11-4(※インテルブース西9-1にも出展予定)

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<関連キーワード組み込み | PFU | Intel | モデルベース開発 | CPU | CPUモジュール | Atom | Intel Atom E600 | COM Express | ESEC | JPEG | 新製品 | Xeon仮想通貨カジノパチンコ金子 乾燥 機 中古

ダイナム 松任k8 カジノ感圧センサーで、「もぐらたたきみたいな(?)ゲーム」を作ってみた仮想通貨カジノパチンココード ギアス 新台 パチンコ

ダイナム 松任k8 カジノ感圧センサーで、「もぐらたたきみたいな(?)ゲーム」を作ってみた仮想通貨カジノパチンココード ギアス 新台 パチンコ

ダイナム 松任k8 カジノ感圧センサーで、「もぐらたたきみたいな(?)ゲーム」を作ってみた仮想通貨カジノパチンココード ギアス 新台 パチンコ

777town 有料k8 カジノ アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう(10)

パチスロ 凱旋 v2v 本連載を開始してから、大阪日本橋の電子部品屋さんに行く機会が増えました。今は、ネット通販で何でも買いそろえることのできる時代ですが、実際にお店で電子部品を手に取りながら買い物するのはやはり楽しいものです。

 商品棚を眺めていると、筆者にはよく分からない電子部品がたくさん陳列されています。また、スイッチやLEDのような一度は扱ったことのある部品であっても、種類が豊富にあり、「うーん。一体、何を基準に選べばいいんだ?」と、いろいろな疑問や新たな興味がわいてきます。

 そうです。店を訪れるたびに、「これは何だ?」「何ができるのか?」「こんなことに使えないか?」など、想像力が刺激されるのです。“知らない世界に潜り込んだような気持ち”とでもいいましょうか。いつもドキドキ、ワクワクしながら次のテーマに使えそうな電子部品を探し求めています。

 さて、そんな中から今回題材として用いることにしたのは「感圧センサー」です。これも「どうやって使うものなのかな?」と興味を持った電子部品の1つだったりします。

⇒連載バックナンバーはこちら

感圧センサーとLEDでゲームを作る

 購入した感圧センサーは、長細いフィルムのような形状をしています。感圧センサーというぐらいですから、“圧力を感じる”センサーなんだろうということは、容易に想像できます。調べてみると、どうやらこの感圧センサーは、触る位置によって圧力が変わって、どこを触っているのかが分かるもののようです。

 この感圧センサー、一体どんな場面で使われるセンサーなのでしょうか? 筆者が思い付いたのは「オタマトーン」くらいです(笑)。他にどんな用途があるのかイマイチ思い付きませんでしたが、筆者はこれを使って「もぐらたたきみたいな(?)ゲーム」を作ってみようと思います! じゃじゃーん(画像1)。

もぐらたたきゲーム画像1 感圧センサーとLEDを使って「もぐらたたきみたいな(?)ゲーム」を作りたい

 LEDがランダムに光り、光った位置に応じて感圧センサーにタッチ! 正しく触れたかどうかの判定を、ブザー音で行います。さらに、ディスプレイを取り付けて、スコアや残り時間を表示するとゲーム度がアップするでしょう。

動画1 「もぐらたたきみたいな(?)ゲーム」を作ってみたブレッドボードで回路を組もう

 それでは、今回使用する部品を紹介します(画像2、表1)。

部品一式画像2 「もぐらたたきみたいな(?)ゲーム」で使用する部品一式部品リスト表1 「もぐらたたきみたいな(?)ゲーム」の制作で使用する部品リスト。価格は共立エレショップで購入した際のデータ(購入時期:2014年4月)。青色の枠内は、以降の連載でも使用する

 今回、初めて取り扱う感圧センサーですが、仕組みは「可変抵抗器(=ポテンショメータ)」と同じなんだそうです(画像3)。可変抵抗器は、連載第5回で「フルカラーLED調光ランプ」を作った時に使いましたね。

 フルカラーLED調光ランプの時に使った可変抵抗器は、いわゆる「ボリューム」と呼ばれるものでした。足が3本あって、両端の足を5VとGNDにつなぎ、真ん中の足はアナログピンに接続しました。ボリュームは、5VとGNDの間に長い抵抗体があって、その抵抗体のどこかに真ん中の足が接触するとその値を取得できます。

 今回使用する感圧センサーは、5VとGNDの間にある長い抵抗体が“目に見えて、指で触れられる”のです。つまり、どこにも触れていないときは値を取得できず、逆に、どこかに触れていると値を取得できます。「analogRead()」で取得したセンサー値は、0~1024の値を示しました。

 この感圧センサーは、コネクタのピッチがブレッドボードと同じなので、そのまま使うこともできます。しかし、今回はゲームに利用するので、センサーの置き場を考慮しなくてはなりません。そこで、筆者はケーブルをはんだ付けすることにしました。

 ところが、筆者はここで大きな失敗をやらかしてしまいました……。

 先端のピンの部分よりも、フィルムの太い箇所の方がはんだ付けしやすそうだったので、その部分をはんだ付けしました。で、シリアルモニターにセンサー値を表示するテストプログラムを作って、計測値を確認してみたところ、どう見てもノイズしか入ってこない! うぅ、これは……。

 そうです。原因は、最初のはんだ付けです! 感圧センサーは、2枚のフィルムの間にセンサーや電線が入っています。このフィルム部分は“熱に弱く”、加熱するとすぐに内部のケーブルが“剥離”してしまうとか……。トホホ。

 この状況を見かねた友人が、「フィルムを削ってケーブルを直結させたら動くかもよ」と試してくれましたが……。結果はダメでした。こんな初歩的なミスで2500円の部品を買い直しです。いやー、これはキツかった(泣)。

感圧センサー画像3 感圧センサー。形状が丸や四角の感圧センサーもある。ケーブルのはんだ付けはコネクタ先端に短時間で行う ※画像クリックで拡大表示

 はんだ付けする際は、コネクタの先に付けるのはもちろんのこと、コテを当てる時間もできるだけ短時間でやりましょう!

 それでは、ブレッドボード上で回路を作成してみましょう。回路図と部品配置図を以下に示します(画像4、画像5、画像6、画像7)。

回路図画像4 「もぐらたたきみたいな(?)ゲーム」の回路図 ※画像クリックで拡大表示配置図画像5 部品の配置図。感圧センサーの長さに合うサイズのブレッドボードにLEDを配置 ※画像クリックで拡大表示部品の配置図画像6 部品の配置図。感圧センサーとブザーをもう1枚のLEDに配置 ※画像クリックで拡大表示ブレッドボード画像7 ブレッドボードに部品を実装したところ ※画像クリックで拡大表示センサー値を取得して、ゲームの判定を行う仮想通貨カジノパチンコモーニング ショー 見逃し 配信