ライブ ガーデン 行田 店k8 カジノ電力コストの10%を削減可能、パナソニック電工ISの企業向け電力監視管理ソフト仮想通貨カジノパチンコpf アクエリオン 6bv

ライブ ガーデン 行田 店k8 カジノ電力コストの10%を削減可能、パナソニック電工ISの企業向け電力監視管理ソフト仮想通貨カジノパチンコpf アクエリオン 6bv

ライブ ガーデン 行田 店k8 カジノ電力コストの10%を削減可能、パナソニック電工ISの企業向け電力監視管理ソフト仮想通貨カジノパチンコpf アクエリオン 6bv

教育 ict 活用k8 カジノ

パチスロ 北斗 の 拳 新 伝説 創造 演出 「延べ床面積3000m2の自社データセンターに電力監視管理ソフトウェアを適用することで、月額総コストの10%に相当する280万円を毎月削減できた」(パナソニック電工インフォメーションシステムズ、以下パナソニック電工IS)。同社は、自社の環境監視、管理ソフトウェア「eneview 1.0」の効果をこのように説明する。同ソフトウェアはデータセンター専用である。

 パナソニック電工ISは、データセンターだけではなく、企業や工場にも適用できるよう機能を拡張した「eneview 2.0」を2011年10月21日に発売する。消費電力など電力関連の他、温度、湿度を計測、管理、リポートできる(図1)。2013年度末までに200社への販売を目指す。

ALT図1 eneview 2.0の管理画面 電力使用量のピーク抑制に役立つ「簡易デマンド機能」を備える。30分単位の平均電力の推移をグラフ表示し、目標達成予測を示したところ。メールなどによる異常通知もできる。管理画面の他、節電効果などをイラストなどを使ってより視覚的に表示する「見せる化機能」(参考価格40万円)を、顧客の要望に応じて構築する。

 各種センサーや管理サーバを配置したのち、eneview 2.0を管理サーバ上で動作させることで、システムとして機能する。消費電力測定点が200点の場合、価格は120万円(機器の価格、配線工事の費用は含まない)。

遠隔地のデータも測定可能

 管理サーバと、パナソニック電工の測定、管理機器を組み合わせて利用する。eneview 2.0を利用するための機器構成は、図2の通り。

ALT図2 システム構成図 測定点が遠隔地に散らばっている場合は、図中央にあるLAN対応ユニットを使ってセンサー類と管理サーバを接続する。測定点は最大1万点。

 最小構成は、管理端末と管理サーバ(eneview 2.0)、本体コントローラM(BCRN2500、18万6900円)、本体コントローラMに接続した各種センサーである。積算電力量や電圧の他、電流電力、力積、パルス量、温度、湿度を計測、管理できる。

 測定点が増えるごとに、本体コントローラMを増設していく。本体コントーラMの最大台数は100台。測定点が遠隔地にある場合は、LAN対応ユニット(8万4000円)を使う。

関連キーワードスマートグリッド(環境技術) | 電気自動車(環境技術)仮想通貨カジノパチンコインストラクター サッカー

カジノ おお 負けk8 カジノ新「Echo Plus」は温度センサーを搭載 何に使えるのか試してみた仮想通貨カジノパチンコカメラ 一眼 レフ と は

カジノ おお 負けk8 カジノ新「Echo Plus」は温度センサーを搭載 何に使えるのか試してみた仮想通貨カジノパチンコカメラ 一眼 レフ と は

カジノ おお 負けk8 カジノ新「Echo Plus」は温度センサーを搭載 何に使えるのか試してみた仮想通貨カジノパチンコカメラ 一眼 レフ と は

文春 ベスト 10k8 カジノ

4dimmスロット ddr4 2133mhz ddr4 2400mhz 10月に発売されたAmazonのスマートスピーカー「Echo Plus」(第2世代)は、新たに温度センサーを搭載していることが特徴だ。具体的にどのようなことに使えるのか、早速試してみた。

Echo Plus第2世代の「Echo Plus」。従来よりも背が低く安定感のあるボディーに加え、温度センサーを搭載していることが特徴「Alexa、室温を教えて」で部屋の温度を確認できる

 第2世代Echo Plusでは、温度センサーはデフォルトで「オン」となっており、室温が常時測定されている。ヘルプページによると、利用にあたって「センサーをスマートホームグループに追加」する必要があるとのことだが、筆者の環境では特に何もしなくとも、AlexaアプリでEcho Plusの設定画面を開くことで現在の温度が表示された。

 ちなみにこのアプリ上での温度の表示は、例えば「温度」という項目をタップすることで表示されるわけではなく、設定画面を開いただけでいきなり表示されるので少々驚く。しかも「摂氏」の前にいったん「華氏」で表示されるので、とてつもなく高い温度が表示されてしまう。少々不思議な仕様だ。

Echo Plusスマートフォンの「Alexa」アプリでEcho Plusの設定画面を開くと、温度が表示される。唐突に表示されるので少々驚く

 さて、この温度センサーは、大きく分けて2通りの使い方がある。一つは声で室温を尋ねる方法で、「Alexa(アレクサ)、室温を教えて」と尋ねると、音声で「24度です」などと答えてくれる。わざわざ室温計などを見なくとも、音声で教えてくれるので便利だ。

 表現を変えながら繰り返し尋ねていると、ごくまれに室温ではなく現在の天気を読み上げるなど、やや不安定なところもあるが、「温度」ではなく「室温」を尋ねるようにすれば大抵は問題なさそうだ。ちなみに家庭内に複数のEchoデバイスがあれば、Echo Plusでない別のデバイスに室温を尋ねても、本製品で測定した室温を読み上げてくれる。

指定した室温を超えるとメッセージが届く

 音声で室温を尋ねる以外にも、温度センサーを「定型アクション」と連携させ、温度をトリガーに何らかのアクションを実行するという使い方もある。具体的には、温度が一定のラインを上回る(下回る)と、その旨を知らせるメッセージをスマートフォンに送ったり、家電製品の運転を始められたりする。

 設定方法は通常の「定型アクション」と同じで、まず定型アクションの新規作成を選択して、「実行条件」からEcho Plusを選択。温度を指定できる画面が開くので、何度以下、もしくは何度以上と設定すればよい。今回は試しに「24.5度以下」と設定した。

 続いて「アクション」で、上記の温度条件を満たした場合に何をするかを指定する。今回は、室温が前述の24.5度を下回ると、Alexaアプリで「室温が24.5度を切りました」というメッセージが表示されるように設定した。こうしておけば、わざわざ室温を尋ねなくとも、指定の室温を上回る(下回る)と、スマホに通知されるというわけだ。

Echo PlusEcho Plusまずは「実行条件を設定」をタップ(画像=左)。実行条件を設定する(画像=右)。ここでは「デバイス」を選び、次の画面でEcho Plusを選択Echo PlusEcho Plus温度を指定する(画像=左)。「日時」という項目は「下」を選ぶと「(○○度)以下」の意味になる。恐らく誤訳だろう。続いて「アクションを追加」をタップ(画像=右)Echo PlusEcho Plus選択肢が表示されるので「メッセージ」を選択(画像=左)。通知されるメッセージの内容を入力する(画像=右)Echo PlusEcho Plus24.5度を下回るとスマホにメッセージが送信されるよう設定できた(画像=左)。実際にスマホに飛んできたメッセージ(画像=右)。音声で指示しなくとも、温度の変化によって自動的にアクションが起こる現状ではややちぐはぐ?仮想通貨カジノパチンコ今 すぐ ゲーム