ミニロト ズバリk8 カジノ「MREAL」と「3Dプリンタ」がモノづくりを加速――キヤノンMJ、3Dソリューション事業を展開仮想通貨カジノパチンコパチスロ 台 値段

ミニロト ズバリk8 カジノ「MREAL」と「3Dプリンタ」がモノづくりを加速――キヤノンMJ、3Dソリューション事業を展開仮想通貨カジノパチンコパチスロ 台 値段

ミニロト ズバリk8 カジノ「MREAL」と「3Dプリンタ」がモノづくりを加速――キヤノンMJ、3Dソリューション事業を展開仮想通貨カジノパチンコパチスロ 台 値段

deposit 10 get 100 free spinsk8 カジノ キヤノンマーケティングジャパン

orbs 仮想 通貨 キヤノンマーケティングジャパンは2014年4月10日、同社のビジネスソリューション分野(BSセグメント)の新たな成長エンジンとして、「3Dソリューション事業」の立ち上げを発表した。

 これに伴い、一次販売店として、3D Systems社製の3Dプリンタの取り扱いラインアップを強化。2013年11月より産業機器セグメントで取り扱ってきた、プロダクション3Dプリンタに加え、新たに、ミドル~ローエンドクラスの3Dプリンタ製品群の販売を開始する。また、同じく3D Systems社の3Dスキャナーの取り扱いについても現在契約締結に向け調整中とのことだ。

 同社は、3D Systems社製の3Dプリンタと3Dスキャナー、キヤノンITソリューションズが手掛けるMR(Mixed Reality:複合現実感)システム「MREAL」、3次元CAD「SolidWorks」(SolidWorksの代理店として販売)を組み合わせた3Dソリューションを新事業として展開。既存事業の継続成長とともに、3Dデータを軸とした新たなビジネス領域に挑戦する。

ProJet 660Pro造形サンプル(左)キヤノンマーケティングジャパンのショールームに設置されていた3D Systems社製3Dプリンタ「ProJet 660Pro」/(右)「ProJet 660Pro」で出力した造形サンプルオフィスからモノづくりの現場へ――ビジネス領域を拡大

 近年注目されている3Dプリンタだが、同社の試算によると、2016年の法人向け3Dプリンタ市場(装置・材料・保守を含む)は、260億円にもなるという。同社は3Dソリューション事業により、そのうち約20%のマーケットシェアを獲得し、3Dプリンタ事業だけで50億円規模の売り上げを見込む。さらに、キヤノンITソリューションズが販売するMREALやSolidWorksなどの売り上げを加えることで、グループ全体で100億円以上の売り上げ目標(2016年)を掲げる。

3Dソリューション事業の販売目標3Dソリューション事業の販売目標(2016年) ※出典:キヤノンマーケティングジャパン

 これまで同社がオフィス(総務やIT部門)に対してビジネスを行ってきた、プリンタ/MFP(複合機)の領域は競争の激化とコモディティ化が進み、マーケットとしての大きな成長が見込めないという。そこで、同社は今後の成長戦略の一環として、ビジネス領域を拡大。製造、建築・建設、教育、医療(将来的に検討)といった新領域に対し、MREALや3Dプリンタといった3D関連のソリューションやサービスを提供することで、新たなビジネスを作り出したい考えだ。

梶山良幸氏キヤノンマーケティングジャパン BSマーケティング統括本部 ドキュメントソリューション企画本部 ソリューション企画課 課長の梶山良幸氏

 キヤノンマーケティングジャパン BSマーケティング統括本部 ドキュメントソリューション企画本部 ソリューション企画課 課長の梶山良幸氏は「これまで、キヤノンITソリューションズが展開してきたMRシステムや3次元CADを軸とした事業に、3D Systems社の3Dプリンタと3Dスキャナーが加わることで、3Dデータのインプットからアウトプットまでを包括的にカバーできるようになった。これにより、各分野に最適化された3Dコンテンツを活用したソリューションやサービスを提供できる。例えば、製造業における企画・デザイン・設計・品質保証の領域などでは、3DプリンタやMREALがメインのターゲットになっていくだろう」と述べる。

3Dソリューションキヤノンマーケティングジャパンの3Dソリューション ※出典:キヤノンマーケティングジャパン3Dデータ活用による課題解決と価値提供仮想通貨カジノパチンコパチンコ 玉 買い方

カード ソリティアk8 カジノTP-Link、広域をカバーできる“メッシュテクノロジー”対応の無線LANルーター「Deco M9 Plus」仮想通貨カジノパチンコポーカー 場代

カード ソリティアk8 カジノTP-Link、広域をカバーできる“メッシュテクノロジー”対応の無線LANルーター「Deco M9 Plus」仮想通貨カジノパチンコポーカー 場代

カード ソリティアk8 カジノTP-Link、広域をカバーできる“メッシュテクノロジー”対応の無線LANルーター「Deco M9 Plus」仮想通貨カジノパチンコポーカー 場代

取引 所 手数料 比較k8 カジノ

パチンコ ユニコーン 設置店 ティーピーリンクジャパンは11月8日、トライバンド接続に対応した無線LANルーター「Deco M9 Plus」を発表、11月15日に発売する。予想実売価格は1ユニットモデルが1万9900円前後、2ユニットパックモデルが3万7700円前後だ。

photoDeco M9 Plus

 IEEE 802.11acおよび11a/b/g/n接続に対応した無線LANルーター。複数台の機器を組み合わせて広い接続範囲を実現できる“メッシュテクノロジー”をサポートしており、Decoシリーズを追加することで接続範囲を拡大することも可能だ(最大10台)。複数ユニットを用いる場合でも統合された1つのSSIDが用いられ、通信状態に応じて自動的に最適な接続経路の割り当てが行われる仕組みになっている。

 計3バンドの無線LAN接続に対応、うち1バンドはをDeco同士の通信に割り当てることが可能。接続速度は5GHz帯が876Mbps(×2)、2.4GHz帯が400Mbpsだ(ともに理論値)。またIoT機器の管理機能も搭載、専用アプリを用いることで自宅内のIoT機器の一元管理を行うことができる。

photo

 デバイス保護機能やアンチウイルス機能などを備える「TP-Link HomeCare」も3年間無料で利用可能だ。本体サイズは144(幅)×144(奥行き)×46(高さ)mm、重量は440g。

関連キーワードTP-LINK | 無線LANルータ | IoT | IEEE802.11ac仮想通貨カジノパチンコ今日 の ラグビー テレビ 中継