akb パチンコ 中古k8 カジノ墨田区から日本のモノづくりを活性! 新モノづくり拠点「GarageSumida」と「MEW」仮想通貨カジノパチンコ北斗 シリーズ パチンコ

akb パチンコ 中古k8 カジノ墨田区から日本のモノづくりを活性! 新モノづくり拠点「GarageSumida」と「MEW」仮想通貨カジノパチンコ北斗 シリーズ パチンコ

akb パチンコ 中古k8 カジノ墨田区から日本のモノづくりを活性! 新モノづくり拠点「GarageSumida」と「MEW」仮想通貨カジノパチンコ北斗 シリーズ パチンコ

四季 報 女子k8 カジノ

2スロット占有 ビデオカード 直下 墨田区役所 産業観光部産業経済課は2014年4月15日、「平成25(2013)年度墨田区新ものづくり創出拠点整備補助金」を受けて整備された2拠点「Garage Sumida(ガレージスミダ)」と「MEW(ミュー)」の報道機関向け内覧会を開催した。2拠点はいずれも墨田区内のモノづくり企業が運営する。

 墨田区では、区内の空き工場などを改修し新しいモノづくり創出拠点に整備する費用として、プロジェクト1件当たり最大2000万円の助成をしている。補助対象者は、中小企業者(個人を除く)、一般社団法人および一般財団法人、特定非営利活動法人。平成26年(2014)度には2件、平成27年(2015)度には6件(予定)採択して実施する計画だ。

 下記3つの機能を持つ拠点を区内各所に配置することで、1つ1つの小さい拠点が有機的にネットワークを築き、複合的に墨田区の新たなモノづくりの形をそこで作り出していくことを目指すという。

モノづくりによるコミュニティーの醸成モノづくりによる人材育成モノづくりによる異分野マッチング、イノベーション促進

 「墨田区は江戸から続くモノづくりの一大集積地。しかし近年の産業構造の変化、海外との価格競争、技術者や職人の後継者不足といった問題があり、区内の工場数は、最盛期だった昭和40年代には約9700件あったところ、直近の数字では約3000強と激減した。廃業後の空き工場はさら地になり、一時的に駐車場になり、最後にマンションになっていくことが多いが、二度と工場に戻ることはない。モノづくりの街としてのアイデンティティーが失われつつある危機感を覚えた。これまでの産業振興プランは工業・商業・観光とそれぞれ縦割りの体制だったが、それらを融合し、新しいモノづくりの街を作ることを目指したのが今回のプランであり、新しいモノづくりの形を模索する“試金石”だと考えている」(墨田区役所 産業観光部 産業経済課長 郡司剛英氏)。

墨田区役所 産業観光部 産業経済課長 郡司剛英氏

 墨田区内の産業は、製造業が占める割合が多く、北部で金型やプレス、メッキといった機械金属関連、南部でいわゆる「糸偏産業」といわれるファッション関連が盛んだという。プロジェクト採択では、そのような地域特性や産業構造、周囲の波及効果を十分考慮した配置を考えているとのことだ。

町工場がデジタルモノづくりを支援「Garage Sumida」

 板金加工メーカー 浜野製作所が公開した新モノづくり拠点であるGarage Sumidaは、同社の隣にあった倉庫を改修して作られた。オープンは2014年4月16日。さまざまな人材や情報をGarage Sumidaに集結させることで、新しい製品やサービス、事業の創出を目指す。

Garage Sumida

 同拠点は、業種や分野も、個人か企業かも問わず利用することが可能だ。子ども向けワークショップの開催や、大学や研究機関などの技術相談受け付けもしていくという。

 同拠点には、3Dプリンタ「B9 creator」と「Replicator 2X」、ハンディ3Dスキャナ「SENSE-3D」、レーザーカッター「Speedy 300」、CNC加工機「MDX-540」など最新のデジタル機材を備える。これらの設備で対応できない高度な金属加工は、浜野製作所の設備を利用することも可能だ。また浜野製作所の若手を中心とした技術者が待機し、利用者の製品開発に関する質問応対やレクチャーにあたる。

Garage Sumidaに備える「Replicator 2X」(左)と「B9 creator」(右)

 「われわれだけでできることは少ないので、区内の町工場の方や、他地域の方にも声を掛けながら、いろいろな方々のモノづくりの手伝いをして、日本の中小企業を元気にしていきたい。われわれが持つ、プレス、金型、溶接といった基盤技術は、一度なくなると、なかなか復活するものではない。さまざまな地域で町工場がどんどん姿を消してしまっており、それが日本のモノづくり衰退につながってしまうと思う。先代から引き継いできた技術や心を守り、次世代にそれを伝承するという大きな使命があると思っている」(浜野製作所 代表取締役 浜野慶一氏)。

浜野製作所 代表取締役 浜野慶一氏

 浜野製作所はこれまで、産学官連携として電気自動車「HOKUSAI」、深海探査艇「江戸っ子一号」、異業種連携として「アウトオブキッザニア in すみだ」による工作教室、工場巡りツアー「スミファ」を主催する「配財プロジェクト」など、多数の共同プロジェクト事業の実績がある。日本テレビの企画「リアルロボットバトル日本一決定戦!」にも参戦している。そういった活動で培ってきた経験や知恵も同拠点の運営に生かしていく(関連記事:「バリ取って、リベット締めて、金型で曲げて――板金スカイツリー作ろ!」)。

皮カバンづくりを体験しよう「MEW」仮想通貨カジノパチンコrugby worldcup

ビット カジノ バカラk8 カジノ“黒船”はどこだ!? 「革新は他の産業からやって来る」――オラクル講演仮想通貨カジノパチンコ小牧 市 キャッスル

ビット カジノ バカラk8 カジノ“黒船”はどこだ!? 「革新は他の産業からやって来る」――オラクル講演仮想通貨カジノパチンコ小牧 市 キャッスル

ビット カジノ バカラk8 カジノ“黒船”はどこだ!? 「革新は他の産業からやって来る」――オラクル講演仮想通貨カジノパチンコ小牧 市 キャッスル

ビット コイン 引き出し 手数料k8 カジノ oracle

今日 の パチンコ 代 日本オラクルは2014年4月24日、業界別ソリューションをテーマとしたユーザーイベント「Oracle Industry Leadership Summit 2014」を開催。基調講演では、米国Oracle グローバルビジネスユニット エグゼクティブ・バイスプレジデントのRobert K.Weiler(ロバート・K・ワイラー)氏が、ICTを取り巻く環境の変化とそれによる産業構造の変化について講演を行った。

 日本オラクルでは、従来、製品軸やサービス軸などでの提案が主流だったが、ここ数年は顧客企業の成長に直接貢献できるようにそれぞれの企業に合った「産業(インダストリー)別」での取り組みを強化している(関連記事:「IoT」「グローバル化」「ビッグデータ活用」がカギ――オラクルの製造業向け提案)。この流れの中、2013年には初めて、業界別に最適なソリューションを紹介する「Oracle Industry Leadership Summit」を開催。今回の開催は2回目となる。

消費者がIT支出の半分を担う時代ワイラー氏米国Oracle グローバルビジネスユニット エグゼクティブ・バイスプレジデントのロバート・K・ワイラー氏

 「Oracle Industry Leadership Summit 2014」のテーマは「革新的ビジネスを構想から実践へ」。基調講演では米国Oracleのワイラー氏が「The Power of Industries」をタイトルに講演し、ICT産業の変遷とそれに伴う産業構造の変化を紹介した。

 ワイラー氏によると、世界のGDPは71兆ドルだが、そのうちIT関連に使われている費用は2兆690億ドル。その内訳は消費者のIT支出と企業のIT支出が半分ずつを占めているという。しかし、これは過去40年の歴史の中で大きな変化が見られる数字だと指摘する。

 「長らくITは、企業が扱うものだった。しかしPCが登場し、インターネットが登場し、さらにモバイル機器などが登場したことで、飛躍的に消費者がITに費やす額が増えた。そして現在は半分は消費者が使うIT支出を占める。これが何を意味するかというと、消費者が非常に大きなパワーを持つようになり、企業がそれに合わせてビジネスモデルを変えなければならない時代になっているということだ」とワイラー氏は語る。

 ただ、企業におけるIT投資が何に費やされているかといえば「82%が保守やメンテナンスに費やされており、新たな革新に対する支出は18%にすぎない。高まる消費者からの期待に応える体制を、企業が構築できていない状況を示している」(ワイラー氏)と指摘する。

2020年までにインターネットデバイスは500億個に

 企業におけるIT投資が新たな技術に十分に向かってるとは言い難い状況の一方で、IT関連の技術の進展は“待ったなし”の状況だ。インターネットに接続可能なデバイスの普及は2012年に90億個を超え、2020年までに500億個を超えると見られている。また生成されるデータ量は、過去2年間で生成されたものが、それ以前のデータ量合計の9倍に達するほど加速度的に増えている。モバイル機器の圧倒的な速度の普及やソーシャルネットワークのビジネス化など、ICTのもたらす影響度は急速な勢いで高まっている。

ITトレンドITを推進するトレンド(クリックで拡大)

 このような影響を受け、通信や流通、自動車、金融、ハイテク、ヘルスサイエンスなど「個別で成立していた産業界は徐々に変容している」とワイラー氏は指摘する。

 「企業は他の業界の技術を活用して変革(トランスフォーメーション)と革新(イノベーション)を行う。変革は同じ業界内からだけでなく、他の業界から来る。1つの業界内で成功したビジネスモデルを他の業界へ展開する場合など、業界を超えた変化が起こる時代だ」とワイラー氏は語る。

 例えば、自動車メーカーが「コネクテッド・ビークル」の需要獲得に向けた取り組みを進めていたり、大手通信企業が最終販売ポイントとしての活用に関心を高めていたり、モバイルヘルスが大きなトレンドとなりつつある。ある業界の成功モデルを他の業界に持ち込む形や、複数の業界を跨るようなビジネスモデルへの志向が高まっている。

 ワイラー氏は「米国の大手小売業ウォールマートがヘルスケアに注力したり、大手家電メーカーが医療機器に参入するなど、これまでの壁を超える動きが新たな変革へとつながる」と話している。

製造業は成長する市場に移動し続けることが重要仮想通貨カジノパチンコマツキヨ キャッシュ レス 還元