ポピン カジノk8 カジノ今後どうなる!? 日本の有機EL技術〔後編〕どうなるコダック? ソニー vs. シャープの開発競争は?仮想通貨カジノパチンコフル サイズ ミラー レス 一眼

ポピン カジノk8 カジノ今後どうなる!? 日本の有機EL技術〔後編〕どうなるコダック? ソニー vs. シャープの開発競争は?仮想通貨カジノパチンコフル サイズ ミラー レス 一眼

ポピン カジノk8 カジノ今後どうなる!? 日本の有機EL技術〔後編〕どうなるコダック? ソニー vs. シャープの開発競争は?仮想通貨カジノパチンコフル サイズ ミラー レス 一眼

ガルフレ スロk8 カジノ

ワンダー カジノ 入金 不要 ボーナス 「前編」では、有機EL技術を開発したコダック*と、それを追撃した日本の有機EL材料メーカーや電機系企業の動向に注目し、「中編」では海外企業(日本企業も含む)との共同開発や合弁を事業化につなげた韓国企業のしたたかな特許戦略に注目してみました。

 「後編」では、照明事業開発にかじを切った欧米企業と日本企業の動向に、それぞれ焦点を当ててみたいと思います。

*イーストマン・コダックおよびそのグループ企業を含む。以降、本稿で登場する企業名は特に断りがない限り、原則としてグループ企業を含む。

“有機EL照明”へのシフトを進める欧米日の各企業

 コダックの積層機能分離型有機EL(1987年:Tang氏ら*)が学会発表されてから、各社の事業開発競争が始まったわけですが、当初有機ELに取り組んだ米欧日の各国企業は技術開発投資力を失い、ディスプレイを目指した米欧日の企業は2000年代半ばまでに順次撤退しました。このとき、有機EL技術開発に踏みとどまることにした米欧日の企業は有機EL照明事業開発に目を転じ、有機EL材料を手掛けてきた日本の材料メーカーも、有機EL照明事業への参入を模索し始めました。

 このかじ切りはコニカミノルタの例が分かりやすいでしょう。コニカミノルタは2007年3月から2011年3月まで、塗布型有機EL照明を狙ってGeneral Electronic(以降、GE)と組んでいます。この取り組み中に塗布型では事業化は当面無理と判断して、蒸着型を採用するフィリップスと組むことを決めています。結果、2011年4月にはフィリップスへの量産委託を発表しています。

 照明業界のビッグ3は、米国のGE、オランダのフィリップス、そしてドイツのオスラム(シーメンスの100%子会社)で、これら3社が際立った存在です。欧州企業であるフィリップスとオスラムはLED照明を先行させており、有機EL照明は実用化への試行段階に入ったと捉えることができます。

 一方、有機ELディスプレイから日本の電機系企業(NEC、三洋電機、ソニー)*が事実上撤退した後に、有機EL事業に参入した日本企業は面光源である有機EL照明の可能性を提示している段階といえます。

*Tang, C. W.; VanSlyke, S. A., Organic electroluminescent diodes, Applied Physics Letters (1987), 51(12), 913-15. 中編参照。

市場規模は光源<照明

 ここで忘れてはならないことは、照明機器市場の規模は照明用光源(有機EL照明では、有機ELパネルに相当)そのもの市場規模の3倍くらいあり、ブランドも照明事業の重要な要素になっていることです。従って、照明ブランド名(VELVE、ヴェルヴ)を手に入れ、LED照明から参入して海外市場での足場を築きつつある三菱化学(および関連子会社)、既存の照明事業展開の中に組み込むであろうNECライティング(ブランド名:LIFEEL、ライフィール)、さらには住宅向け市場で著名な「パナソニック」ブランドで切り込みを開始したパナソニック出光OLED照明が事業開発では先行していると推測されます。

 そして、山田照明やコイズミ照明といった照明機器メーカーが、有機EL照明をどのように位置付けて事業開発を進めるか、今後の動向が注目されます。

参入障壁の高さはディスプレイ>照明

 もう1つ忘れてならないことは、システムや最終製品までに取り組もうとするときに直面する特許係争問題です。有機ELディスプレイは液晶ディスプレイと同様なアクティブマトリクス駆動を採用していることもあり、以前から液晶ディスプレイを手掛けてきた企業との画像処理関連技術での特許係争は避けられない宿命にあります。それに対して、有機EL照明とLED照明の関係は共に、ルミネッセンス光源ですから、避けて通れない特許の発見はあるかもしれませんが、有機EL照明は面状に積層された有機物であり、LED照明は半導体チップの配置や光拡散の工夫ですから、制御方法や照明機器化に本質的な相違点があって当然だと思います。

 つまり、有機EL照明パネルへの参入障壁は比較的小さいでしょうが、有機EL照明事業開発競争(ブランドやビジネスモデルの構築まで含む)そのものはとても厳しいものになるでしょう。

 有機EL照明の事業化を目指し、有機EL材料開発から取り組んでいる日本企業のうち、低分子型有機EL材料を採用している企業には、2008年5月に設立されたルミオテック(三菱重工業、ローム、凸版印刷、三井物産および城戸淳二山形大教授が出資)や2010年2月にパイオニアと組んだ三菱化学(当初は下層を塗布法で、上層は蒸着法での製造を想定)があります。高分子型有機EL材料を採用している日本企業には、塗布型を目指して、2007年7月にCDT(Cambridge Display Technology)を買収した住友化学があります。

 さらには、2010年9月に倒産した東北デバイスの事業を買収して、有機EL照明パネル製造の早期立ち上げを図ったカネカや、出光興産と合弁事業を開始したパナソニック(2011年4月にパナソニック出光OLED照明を設立、同9月に有機EL照明パネルを国内外の照明機器メーカー向けにサンプル出荷を開始)は、同12月から有機EL照明モジュール(制御回路内蔵)を発売すると公表しています*。

 しかも、パナソニックは三洋電機・パナソニック電工を既に事業統合化しており、日本市場では住宅用総合機器メーカー(太陽電池/蓄電池/照明/ディスプレイ/家電/ホームネットワーク……)を指向しており、今後の動向が注目されます。

図1図1 照明メーカー・ビッグ3と日本企業

 それでは、欧米企業と日本企業の有機ELディスプレイから有機EL照明への転進ぶりを眺めてみましょう。

*2011年8月31日付けのプレスリリース「有機EL照明デバイス事業をグローバルに展開」を参照。

より深く知的財産管理を学ぶには?:「知財マネジメント」コーナーへ

知財マネジメントの基礎から応用、業界動向までを網羅した「知財マネジメント」コーナーでは、知財関連の情報を集約しています。併せてご覧ください。

「知財マネジメント」コーナー「知財マネジメント」コーナーへ欧米日の各企業の有機照明への転進ぶり仮想通貨カジノパチンコau ペイ スーパーマーケット

新 カジノk8 カジノ「Apple Watch Series 4」 時計業界を席巻したスマートウォッチの最大の進化仮想通貨カジノパチンコcr 最新 台

新 カジノk8 カジノ「Apple Watch Series 4」 時計業界を席巻したスマートウォッチの最大の進化仮想通貨カジノパチンコcr 最新 台

新 カジノk8 カジノ「Apple Watch Series 4」 時計業界を席巻したスマートウォッチの最大の進化仮想通貨カジノパチンコcr 最新 台

名 も 無き 世界 の エンドロール 上映 館k8 カジノ

bcas 赤 青 スロット 入らない 世界一売れている時計、「Apple Watch」が第4世代にして、ついに大きく生まれ変わった。Appleのこの製品に対する姿勢は、1人でも多くの人に知ってほしい。

Apple Watch Series 4丁寧なものづくりの次なる「飛躍」

 私はApple Watchを、時折大胆なチャレンジを挟みながらも、近年のデジタル製品の歴史にはない丁寧なものづくりが行われた特筆すべき事例だと見ている。

 エルメスの職人たちは、毎年、その年のテーマを決めてはインスピレーションを求めて旅に出るという。そうすることで、例えばスカーフ1つにも「地中海の港町」や「ナイル」と言った深いストーリーが与えられるようになる。

  Apple Watchの開発チームも製品のストーリーを大事にする姿勢に変わりはない。初代Apple Watchを作ったとき、開発チームは厚さ5cmにも及ぶ分厚いコンセプトブックを用意した。

 その中には、もしクラシカルなミッキーマウス時計をデジタル時計で表現するとしたらその動きはどのようなものか、人々を高揚させる自然美とは何かを試行錯誤した結果としての、無数のクラゲや蝶、花の写真、どの盤面で使われる文字はどうあるべきかなど、Apple Watchの1つ1つのフェース(盤面)で表されるストーリーが写真や絵図を伴って詳細に描かれていた(Apple Watchユーザーにはおなじみのクラゲのフェースを作る際に、専用のスタジオで285時間をかけ2万4000枚のクラゲの写真を撮った、というのは有名な話だ)。

初代Apple Watchから採用されている「クラゲ」の盤面は285時間をかけて撮影された2万4000枚のクラゲの写真をもとに作られている

 製品のカスタマイズオプションの1つに、これだけの時間と労力をかける会社を私は他に知らない。冒頭で挙げたエルメスなど老舗のブランドであればともかく、まだ“若い”デジタル業界で製品に込められたストーリーをここまで大事にする会社を見かけることはほぼ皆無だと思う。

 それだけに、Apple Watchがスマートウォッチとしてだけでなく、時計全体の中でも世界の売り上げの1位に輝いたという事実は、非常にうれしく思っている。愛情を込めて本当に丁寧に作られた製品は、それを選ぶ顧客にもきちんと響くものなんだと再確認できたからだ。

エルメスコラボモデルでは、上下のバンドで別々の色を使うデュオトーンのバンドを用意。それにあわせて盤面も2つの色を楽しめるエルメスモデル専用のものが用意されている

 毎年の製品リニューアルが欠かせない日進月歩のテクノロジー業界で、Apple Watchもやりすぎないレベルで防水機能やLTE通信機能などを追加してきたが、製品の形を変えることはなかった。

 そのApple Watchの形が、今回発表されたSeries 4によってついに変わった。それは身につけるファッションアイテムとしての側面から見ても、ウェアラブルというまだ正解の見えない新しい道具の役割という側面から見ても、「飛躍的」な進化だった。

大きく薄く、進化したエレガンス

 Apple Watch Series 4で、まず心を打つのはそのエレガントなフォルムだ。

 これまでのApple Watchも、市販されている他のスマートウォッチと比べるとズバ抜けて美しかった。ただ、美しさというのは難しい概念で、人によって好みの違いもある。中にはスポーツに特化したフォルムに美しさを感じる人もいるだろうし、好みのブランドの文法であったり、歴史を反映した造形を好む人もいるだろう。

 Appleは、iPodやiPhoneなどの他の製品にしてもそうだが、最も大勢の人に響く無色透明の美しさを追求する。余計な装飾部分をそぎ落とし、そのものの本質とは何かのarchetype(原型)を追求し、形にする。

 パッと見にはやぼったく感じることもあるが、見れば見るほどに親しみが湧き、心に馴染んでいく形だ。初代Apple Watchの開発では、腕時計というものの歴史をさかのぼり、これまでに付加されてきた文脈もひもときながら、あの形にまとめた。

 その上で、交換式バンドという新しい発想を融合させ、一人一人の個性にも最適化できるという斬新なアイデアを用意したことで、デジタルライフスタイル時代のファッションアイテムとして世界を席巻できた。

 しかし、良いデザインというのものは、突如現れたかと思うと、それまで「良い」と信じていたものを急に古く見せてしまう。今回、発表されたApple Watch Series 4は、まさにそれをやってみせた。

 この製品の仕様上の最大の特徴は、ディスプレイが30%広くなったことだ。だが、ディスプレイを大胆に大型化する一方で、本体そのものは薄型化している。 このおかげで製品としてのフォルムがシュっと引き締まり、より高級なアナログ時計らしさがでてきたのだ。

これまでに比べて30%大きくなったApple Watch Series 4。画面いっぱいに広がったパスコード入力画面を見ると、その広さが強調される

 Apple Watchの使用中、ユーザーの目は画面上の情報を見ているが、画面が30%広がったにもかかわらず本体が薄くなったおかげで、既にApple Watchを使った経験がある人はこの薄型化を強く実感するはずだ。

 大型化で小さいモデルのケースは38mmから40mmへ、42mmのケースが44mmへとサイズ表記で2mmずつ大きくなった。ちなみに、新しい40mmモデルのディスプレイサイズは、旧大型モデルの42mmとほぼ同じのディスプレイサイズになっている。

 これまで42mmを「腕に対して少し大きめ」と感じていた人は「かなり大きめ」になる覚悟はしておいてほしい。筆者はまさにそうだった。しかし、きちんと腕にはめることさえできれば、この大きさは次第に慣れてくるものだし、やはり画面の大きさはそのうち心地よさに変わってくる。

 Series 4を側面から見ると、ディスプレイがきれいなアール(丸み)を描いてステンレスのケースに溶け込んでいく美しさに心が踊りだす(アルミケースのモデルもあるが筆者はゴールドのステンレスケースを試用している)。

ディスプレイが本体に溶け込むようなエッジの処理は本当に美しい

 ガラスのディスプレイとステンレスのケースという2つの異なるマテリアルの間のギャップも、これまでのApple Watchと比べて小さくなった。指でなぞるとまだ多少の段差は確認できるが、ここまで美しいレベルで融合を果たした製品は、宝飾品でもなかなかないだろう。

 セルラーモデルの象徴であった、デジタルクラウンの先の赤い塗りも、1mm幅もない細い赤い円に置きかわり、製品の引き締まったイメージを強調している。さらにクラウンを回すとカチカチカチという振動を指に返してくる。この振動は画面に表示されている情報にあわせて、テンポや触感が変わり、より正確な操作を促すという側面もある。

 この本体ケースを見た後だと、これまでのApple Watchのケースが色あせてしまう。薄型化した後のiPodを手にした後に初代iPodを振り返ったときのような印象を受ける。やはり、スリム化は美しさを引き出す最強のアプローチだ。

今回から製品パッケージも大きく変わった。開封すると、中から2つ箱が出てくる。バンドが別の箱になり、Apple Watch本体はウルトラスウェードの専用ケースに大事に収められている。開封にはコツが必要だ※記事初出時、「ゴールドのアルミケース」と記載しておりましたが正しくは「ゴールドのステンレスケース」です。おわびして訂正いたします(2018年9月20日9時55分訂正)進化した画面上の世界観仮想通貨カジノパチンコau ペイ に チャージ