ガールズ ケイリン スロットk8 カジノ安川電機、ハンドリングロボットのラインアップを強化――2機種を追加仮想通貨カジノパチンコ暗号 資産 手数料

ガールズ ケイリン スロットk8 カジノ安川電機、ハンドリングロボットのラインアップを強化――2機種を追加仮想通貨カジノパチンコ暗号 資産 手数料

ガールズ ケイリン スロットk8 カジノ安川電機、ハンドリングロボットのラインアップを強化――2機種を追加仮想通貨カジノパチンコ暗号 資産 手数料

ニューヨーク 土地 価格k8 カジノ

北斗 の 拳 スロット 朝一 安川電機は2014年4月22日、ハンドリングロボットの新シリーズに2機種を追加し、同年5月9日より発売すると発表した。

 ハンドリングロボット「MOTOMAN-MH24」は、従来機種の20kgから可搬質量を20%アップし、同クラス最高の可搬質量24kgとした。これにより適応ワークの拡大、各種センサー機器の取り付けなどによって対象用途が広がるとしている。

 また、各軸速度を従来比最大約9%向上。さらに、上部アームに採用した中空アームに各種配線・配管を内蔵することで、周辺設備や搬送物との接触などが低減され、作業領域が拡大するという。

 また、もう1つのハンドリングロボット「MOTOMAN-MH110」では、従来のラインアップ(~80kg、165kg~)に可搬質量100kgクラスの機種を追加した。10kgの余裕を持つ可搬質量110kgとしたことで、搬送するワークや装着するツール、センサーの選択の幅を広げる製品となっている。

 ロボット本体にはフィールドバスケーブルの配線用チューブを標準装備。省配線化・インテリジェント化を目的としたFAネットワークにも対応する。

 販売価格はオープン。目標販売台数はMOTOMAN-MH24が年間3000台、MOTOMAN-MH110が年間200台。

photo 「FAニュース」バックナンバー オムロンが約10年ぶりのトップ交代、制御機器事業出身の新社長で次なる成長へ国産初の手術支援ロボットなどが受賞、経済産業省らがものづくり日本大賞を発表最大直径8インチウエハーの研削加工、SiCなど難削材にも高トルクスピンドルで対応新実験棟で開発体制を増強、アズビルが目指すモノづくり自律化システムとはスループット性能が約2.6倍向上、新たな深紫外レーザー採用のウエハー表面検査装置ウエハー搬送機構の刷新で高い生産性、独自の洗浄処理技術を有する枚葉式洗浄装置世界初! 超音波AIで冷凍マグロの鮮度を非破壊評価、将来的にはおいしさの判定も±10m毎秒まで測定可能な非接触測長計、製紙工場の余巻き防ぎコスト削減に貢献半導体製造プロセスの歩留まりを改善、新設計の四重極形質量分析計高剛性と空間精度15μm以下の高精度を両立、DMG森精機最大の横形マシニングセンタロボット開発の最前線ロボット/ロボット開発コーナーあらゆる技術の集大成といわれる「ロボット」をテーマに、産業、レスキュー、生活支援/介護分野などにおけるロボット開発の実情や、関連する要素技術、研究開発、ロボットコンテスト、ロボットビジネスの最新動向などをお届けする。

>>ロボット特集のTOPページはこちら

関連キーワードロボット | 産業用ロボット | 安川電機 | FA | FAニュース仮想通貨カジノパチンコ新潟 医療 福祉 サッカー